node.jsで サーバ起動からhello worldまで【Node.js超入門】

Node.js超入門を先日購入しました。
学習の履歴としてやったことをまとめていきます。

node.jsで実行するファイルを作成

ディレクトリを作成し、以下のソースコードをapp.jsという名前で保存


const http = require('http');

var server = http.createServer(
(request,response)=>{
response.end("hello node.js");
}
);

server.listen(3000);

ターミナルで、node.jsを実行

ターミナルでアプリケーションのディレクトリに移動


cd 【アプリケーションディレクトリ】

アプリケーションを実行する


node 【アプリケーションファイル名】

ここでは、以下の形になる

node app.js

プラウザで動作確認

サーバ側は、httpの3000番のポートで待ち受けている。

app.jsの以下の部分


server.listen(3000);

そのため、プラウザ側では、
http://localhost:3000
にアクセスする

app.jsで以下の記述があるため、


response.end("hello node.js");

ブラウザ側で、hello node.js と表示されればOK

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする